夏の新しい過ごし方

例年なら夏休みの計画を立てたりする時期ですが、今年はそうもいかなくなってしまいました。
日本の多くの地域ではピークは越えたように見えるものの、まだ新型コロナウイルスの影響は続いています。

 

安全に楽しみましょう

感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」が推奨されています。厚生労働省のサイトにわかりやすくまとめられていますね。
感染防止の3つの基本は、①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いです。
これを守りつつ夏を楽しみたいところですが、街中や観光地では人との距離が近くなってしまいますし、暑い時期にマスクを着けて動き回ると熱中症の心配もあります。ちょっと工夫したほうがよさそうです。
ということで、今回は新しい夏の楽しみ方を探してみました。

厚生労働省「新しい生活様式」の実践例
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

 

バーチャル山登り

夏休みともなると世界各地から登山客が集まる富士山ですが、2020年はすべての登山道が閉鎖されているため、入山することができません。
でも、この夏も富士登山を楽しむ方法があります。

Google Earth(グーグルアース)という無料のサービスを使うのです。

Google Earthで「富士山」を検索してみたリンクがこちらです。
https://earth.google.com/web/search/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1/

表示されるまでに少し時間がかかることがありますが、すごい迫力なので、ぜひ開いてみてください。さて、上記のページで人型のマークをクリックして「ストリートビュー」に切り替えると、画面上に水色の線が現れます。線上のどこかをクリックすると、画面が切り替わり、そこはもう登山道。いよいよバーチャル山登りが始まります。進むことができる方向は、< >のマークで示されるので、行きたい方をクリックします。マウスをぐるぐる動かすと、上下左右の景色を見ることもできます。
石がゴロゴロした火山の風景の中を進んでいくのは、結構臨場感があります。
慣れるまでは自分がどっちを向いているかわからなくなったりしますが、迷ったとしてもバーチャル登山なら遭難しませんから大丈夫です。
富士山だけでなく、他の山も検索してみてくださいね。

 

お家でキャンプ

この春の外出自粛期間にヒットした商品の一つが、小型のテントだそうです。特にお子さんのいるご家庭で人気だったようで、庭やベランダ、室内などにテントを設置したところ、子どもが夢中になって遊ぶ、落ち着く、といった話をよく耳にしました。
テントがあれば、自宅にいても普段と違う環境を作り出せるので、気分が変わりますね。大人にももちろん有効です。
バーチャル山登りをして、夜はテントで寝る、というのもおもしろいかもしれません。庭でカレーを作ったりすれば、ますますキャンプ気分になれるかも?

 

バーチャル海外旅行

山登りでご紹介したGoogle Earthですが、行ける場所は山とは限りません。世界中かなりの地域を見ることができますし、ストリートビューは街中のほうが充実しています。
そこで、バーチャル海外旅行もおすすめです。
ハワイでも台湾でもニューヨークでもパリでも、好きな街を検索して、画面の中を歩いてみましょう。都市部では小さな路地までカバーされていたりしますので、思いがけない街並みを発見できるかもしれません。
ついでに、通販やデリバリーなどで各国の食べ物を入手しておくと気分が上がります。
バーチャル観光+リアル食べ物の合わせ技で楽しさが増しますよ。

 

水族館でリラックス

涼しさを求めて、夏は水族館も人気です。すでにほとんどの水族館が営業再開していますが、密を避けるために入場制限や予約制を取り入れているところが多いようです。
休館していた期間に、各地の水族館では動画配信を充実させていました。現地に行ければもちろん楽しいのですが、暑い中マスクを着けて待つのも並ぶのも大変ですから、動画も活用しましょう。

こちらのサイトでは全国16の水族館の配信動画を見ることができます。

日本財団 海と日本プロジェクト「水族館配信」
https://uminohi.jp/stayhomewiththesea/aquarium.html

海の生き物は、どこかゆったりしているものが多く、眺めているだけでリラックスできます。

 

 

これまでと違う「新しい生活」で戸惑うことも多いですが、せめて心は穏やかに、新しい楽しみも見つけたいですね。

当社も感染防止に取り組みつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。