どこで何を買いますか?

外出を控える人が多い中、買い物のしかたも変わってきています。

外食のかわりにテイクアウトやデリバリー、繁華街でのショッピングを避けてインターネット通販を利用するなど、買い物は多様化しています。
また、今まで手に入りにくかったものが買えるようになったり、買い物の内容も大きく変わってきているように感じます。

今月は、家にいて楽しむことができる買い物情報をお届けします。

 

なんでも揃う万能ショップ?

インターネットでの買い物というと、まず思い浮かぶのがAmazonです。

Amazon本体が販売しているものだけでなく、出品業者が売っているものもありますので商品数は膨大で、ありとあらゆるものが揃うと言っても過言ではないでしょう。もともとは本やCDが中心でしたが、今では衣類や生活雑貨、生鮮食品まで売られています。

生活用品なども届けてくれるので便利ですが、物によっては地元のスーパーの方が安かったりすることもありますし、たまに海外の怪しい出品者が紛れ込んでいる場合もありますので、販売者情報などもしっかり見て買いましょう。

 

従来の通信販売も健在

高齢者には、従来型のテレビショッピングや新聞広告、カタログなどの通信販売が人気です。

あちこち探し回らなくても電話一本で簡単に買えるので便利ですし、お得な商品に出会えることもあります。

ただ、ちょっと便利すぎるところもあるようです。

久しぶりに実家に帰ったら通販で買った商品が山になっていた、などという話も聞きます。
テレビの通販番組で勧められると欲しくなって、ついつい買ってしまうのですね。

高齢者世帯のお買い物状況には、ちょっと気をつけてあげた方がよいかもしれません。

 

気になる土地から「お取り寄せ」

インターネットと輸送技術が発達したおかげで、全国各地の名産品も家にいながらにして買えるようになりました。

福山市の物産もインターネット経由で取り寄せができるものがいろいろあります。

おいしいお菓子屋さん、瀬戸内海の海産物、農産物など、魅力的なものがたくさんある福山市。
当地に来て楽しんでいただければ一番なのですが、今はそうもいきませんので、せめて「お取り寄せ」で福山を知っていただければと願っています。

福山市の特産品については、下記のサイトにお店などが多数紹介されています。
興味のある品がありましたら、各業者・店舗様のリンクからお店に行って注文してみてくださいね。

公益社団法人 福山観光コンベンション協会「グルメ・お土産」

https://www.fukuyama-kanko.com/travel/gourmet/

 

個人が「お店」になる時代

買い物をするだけでなく、個人が売る側に回ることも簡単になりました。

ヤフオクなどのオークションアプリやメルカリ、ラクマなどのフリマアプリは、個人が買い手にも売り手にもなれるサービスです。

単発での売買だけでなく、ここ数年はショップ開設ができるアプリも増えています。
実店舗を開くにはそれなりの資金が必要ですが、ネットショップなら費用を抑えて簡単にオープンできるので、個人が小規模に物を売るにはよさそうです。

手芸品やアートなど、手作りの作品を売る人も増えているようです。
利益を上げるのは簡単ではなさそうですが、趣味の合う人と知り合うきっかけになる場合もあり、「どこでもフリーマーケット」という感じでしょうか。

 

自分だけのオリジナル商品が買える

オーダーメイドは敷居が高いものですが、デザインをカスタマイズしたり、オリジナルのデザインをグッズにプリントすることはとても簡単になりました。

スマホケースやTシャツ、トートバッグ、マグカップなど、1点から自分の好きなデザインで発注できるサイトがたくさんあります。通常商品より多少割高にはなりますが、それほど高額というわけでもありません。

スマホやPCから画像をアップロードして、数日から数週間でオリジナルデザインの商品が手に入るのですから、なかなかおもしろい買い物だと思います。

たとえば、ユニクロの「UTme!」(https://utme.uniqlo.com/)というサービスは、スマホでデザインして発注する仕組みです。自分で購入する以外にマーケットに出品して売ることもできます。

GMOペパボ株式会社のSUZURI(https://suzuri.jp/)には、プロアマ問わずたくさんのデザイナーさんが出品しています。好みに合うものを探してそのまま買うこともできますし、自分のデザインでグッズを作成するのも簡単です。あっという間にデザイナーの仲間入りですね。衣類から雑貨、生活用品まで、グッズの種類が豊富なのも特徴です。

写真やイラストが趣味という方だけでなく、お子さんの描いた絵でグッズを作ってプレゼントにしても喜ばれるかもしれません。ただし、既存のキャラクターを真似て描いたりすると著作権侵害にあたる場合がありますので、気をつけましょう。

家から出なくても、さまざまな方法で楽しめるお買い物。
物流業者の皆様に感謝しつつ、コロナ禍の中でも安全に、楽しく買い物ができたらいいですね!