イベントやレジャーを楽しむために

新型コロナウイルスはいまだおさまらず、大都市圏を中心に予断を許さない状況が続いています。

ワクチンが行き渡るまではまだまだ時間がかかりそうです。

皆様のご無事をお祈りするとともに、日夜働いておられる医療関係者の方々に心から感謝いたします。

気を抜けない日々ではありますが、昨年とは違って今年はイベントなどが少しずつ開催されるようになってきました。

楽しみがあるのはありがたいことですね!感染を防ぐために主催者・参加者ともに知恵を絞り、努力を重ねられてきたおかげだと思います。

今年のゴールデンウイークも遠出はできませんが、それぞれの地元でイベントやレジャーを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。

 

 

春の喜び、福山ばら祭

当社の地元・福山市で5月のイベントといえばなんといっても「ばら祭」です。

多種多様なばらが咲き誇る市内の4つの公園、商店街、福山駅周辺などを中心に、華やかな祭りが開催されます。

例年なら5月中旬の土日に開催される2日間のお祭りなのですが、今年は密を避けるために期間を長く取り、5月10日(月)から23日(日)に行われます。

大勢が集まるパレードやコンサートは中止となったものの、そのぶん動画を充実させたり、接触を伴わないコンテストやお手紙募集にスポットを当てるなど、さまざまな工夫がされています。

昨年は中止に近いほどの縮小を余儀なくされましたが、今年は限られた条件の中でも盛大なお祭りになりそうです。

全国から来てください、とは言えない状況ではありますが、動画配信なら世界中のどこにいてもばら祭を楽しむことができるでしょう。

 

第54回福山ばら祭2021

https://fukuyama-matsuri.jp/bara/

 

 

ばらのまち福山

福山市の花は、「ばら」と「菊」です。

ばらを市花や県花としている自治体は全国に多数ありますが、福山市では栽培だけでなく、ばらの品種改良も盛んに行われ、「ふくやま」と名のつく品種が10種以上も登録されているほどです。

これは全国随一ではないでしょうか。

第二次世界大戦で焼失した町を復興させたいという市民の思いから始まったというばらの栽培は、50年以上を経てすっかり根付き、「ばらのまち福山」と呼ばれるほどになりました。

福山市がかかげるローズマインドとは、「思いやり 優しさ 助け合いの心」を表すものだそうです。今の厳しい時代、なおのこと心に響きます。

 

オンラインであっても、福山市の美しいばらが優しい想いを運んでくれたらいいな、と願っています。

 

ばらのまち福山

https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/rosetownfukuyama/

 

 

安全なイベントとは?

さて、ばら祭のように屋外で密集を避け、会食などを伴わなければ新型ウイルスの感染リスクは下がると言われています。

もちろん、マスクの着用、検温や手指の消毒など基本的な対策も大切ですね。

プロ野球やJリーグなどのスポーツイベントについても、観客数に上限を設ける、客席に間隔をとる、声を出す応援を禁止するなど、安全第一の運営がなされています。

営業収益の面から考えると制約が多いのは厳しいことだと思いますが、主催者側はどこもとても努力されていると思います。

あとは観客側のマナーが問われるところです。

観客にとっても多少の不便はありますが、それでもイベントに参加できるのはうれしいことですから、がんばりましょう。

イベント開催を続けられるように、お互い少しずつ譲り合って、今できる楽しみ方を取り入れていきたいものですね。

 

 

安全を守る設備

ゴールデンウィークには例年、話題の映画が封切りとなりますね!

屋内のイベントやレジャーも楽しみたいものです。

映画館や劇場、美術館など屋内の施設についても、密にならないようにルールを定め、来場者側も基本的な対策をきちんと守っていれば安全だと考えられています。

もともと、集客興業施設には厳しい衛生管理基準が設けられています。

興行場法という法律とその詳細を定める都道府県の条例があり、この基準を満たさないと営業そのものが認められないのです。

映画館などは密閉空間のように感じられますが、実は強力な換気設備が備えられていますので、マスクをした上で安心して鑑賞してくださいね。

 

感染防止対策において、空調設備、衛生設備は非常に重要です。

弊社は設備施工図のプロとして、これからも皆さまの安全対策の一端を担っていきたいと思っています。