3期目のご挨拶

株式会社設備施工図設計sinは、2021年6月3日をもって3期目を迎えることとなりました。

日頃のご愛顧に深く感謝申し上げます。

 

 

2期目を振り返って

この一年は、新型コロナウイルスが沈静化したかと思えば再び感染拡大するという厳しい状況が続きました。

今また第4波のただ中にありますが、一日も早い終息を祈るばかりです。

私どもの業界においても、これまでまったく影響がないというわけにはいきませんでしたが、なんとか無事に営業を続けられましたことに感謝しております。

おかげさまで、2期目には初年度よりも取引先が増えることとなりました。

仕事の幅が広がり、多くのご縁をいただきましたことをうれしく思います。

その一方で、業務量の状況からお断りせざるを得ない案件も出てきてしまいました。

せっかくお声をかけていただきながら、誠に申し訳ありませんでした。

できるだけ多くのご要望にお応えできますよう、引き続き業務の調整を進めてまいります。

 

 

設備施工図設計sinがめざすもの

設備施工図設計sinという社名の「sin」は、「芯」を表しています。

芯のある会社でありたいと思い、創業時にこの名前を付けました。

3期目を迎えるにあたり、あらためて名前の意味をかみしめています。

 

建築物や各種設備は、安全で快適な生活に必要不可欠なものです。

弊社では、建築や設備に関するあらゆる作図や書類作成を通して、社会に貢献していきたいと考えています。

 

そのためにも、この3期目は、より一層の品質向上と、より良い対応をめざしてまいります。

これからも正確で丁寧な仕事をし、ともに取り組む皆様への段取りや調整など、細かなところまで目配りをしていきたいと思います。

 

作図に関するご相談などございましたら、どうぞお気軽にお声をおかけください。

地元・広島県はもとより、日本国内どこでも対応可能です。

どうぞ、引き続き、株式会社設備施工図設計sinをよろしくお願いします。