明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。

 

新型コロナウイルスの影響はまだおさまらず、落ち着いたかと思えばまた感染が広がるという厳しい状況にあります。

2021年の後半はオミクロン株の出現により、入国時の水際対策が再び強化され、海外との行き来が難しくなってしまいました。

それでも、事態は少しずつ明るい方へと進んでいるように感じられます。

 

新型ウイルスの発見から2年も経たないうちにワクチンが普及し、内服薬の開発も進んでいます。

新型コロナウイルスは人類にとっての強敵ですが、100年前のスペイン風邪の時に比べたら、死亡率も死者数もずっと少ないのです。

科学や医療の進歩はすばらしいですね!!

 

 

できなかったことを少しずつ

幸いなことに日本国内では医療の逼迫が解消され、県内外への移動もしやすくなりました。

コロナ以前とまったく同じというわけにはいきませんが、できることは少しずつ増えていくと期待しています。

昨年は新春のご挨拶まわりも控えましたが、今年はお伺いできるのではないかと思います。

十分な感染対策を取った上で、ぜひ皆様にお会いしたいと願っております。

 

国内での安心感が戻りつつある一方で、物流関係は他国の状況に大きく左右されています。

私たちの業界でも資材の調達などに少なからず影響が出ており、変化への対応は欠かせません。

新型コロナウイルスに加え、北京で開催予定の冬季五輪を前に各国間の政治的緊張が高まっていることも気がかりです。

そうした意味では2022年も予測の難しい年になりそうですが、ひとつひとつの仕事を大切に、明るい気持ちで前に進んでいきたいと思います。

 

 

前に進むための準備

おかげさまで、昨年もたくさんのお客様にお世話になりました。

心から感謝しております。

至らぬ点も多々あったことと思いますが、皆様のご支援ご協力のおかげで乗り切ることができました。

 

年が変わると新しいことに目を向けたくなりますが、今年の私はまず昨年を振り返ることから始めました。

できる限りご迷惑をおかけしないように、そしてさらにステップアップできるように、まずは足元を固めるところから。

昨年至らなかった点を洗い出し、改善に向けてのプランを立てているところです。

昨年の反省点は多々ありますが、中でも業務の効率化、時間の使い方の改善など、地道に取り組んでいきたいと考えております。

お客様に、よりご満足いただけるような成果物をご提供できるように精進してまいります。

 

 

明るい年に

今年こそ人との交流を取り戻したいという気持ちも強くあります。

これは私だけではないと思いますが、縮こまったような2年間から少しずつでも抜け出したいと願っています。

取引先の皆様と直接お会いできる機会が復活するにつれて、対面の良さをかみしめているところです。

Zoomなどオンライン会議の便利さも活かしつつ、今年は全国各地のお客様をお訪ねし、よりきめ細かいサービスを実現できればと思っています。

 

コロナ禍の完全な終息までには、あと何年かかかることでしょう。

しかし、できること・できないことが次第にわかってきたのは心強いです。

少人数なら飲み会もできるようになりましたし、仕事以外でも楽しい時間を増やしたいですね。

 

皆様にとって、2022年が明るい良い年になることを願っております。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。